ギャンブルは一度負けたら止めるべき

ギャンブルは一度負けたら止めるべき

ギャンブルと聞くと、どうしても考えてしまうことに、依存症になってしまう人のことではないでしょうか。多くの人は、儲かる訳がないと知っていても、一度儲かった体験が脳に強烈に記憶されてしまうことが、その要因と言われます。その勝ったことの刺激を求めることで、欲求が強くなり、他のゲームでは感じることの出来なかった快感に反応してしまい、止めることが出来なくなると言われています。確かに、長時間仕事をして得る対価の金額を考える、少しの時間で苦労もなく得る対価を考えると、仕事をすることが馬鹿らしくなってしまうことになるのでしょう。

この依存症にかかってしまう8割の人は、ごく平凡な人たちと言われます。それは、サラリーマンであり、公務員でもあります。中には、家庭の主婦とか学生の身分でありながら、ギャンブルにハマル人も多く見られます。また最近では、高齢者が多くなり、年金生活者と言われる人も増えています。その少ない収入の中からお金を使い込んでしまい、生活に困窮する人が増えて来ています。一度この依存症にかかると、改善するまでには相当な時間と苦労が伴います。

ギャンブルは、危険なものと始めから考え、一度負けたら二度としない感覚を持つようにするべきです。生活を壊してしまっては、全てが終わってしまいます。

Copyright (C)2017ギャンブルは一度負けたら止めるべき.All rights reserved.